絶対読んでほしい!名作漫画レビュー その13『どんぶり委員長』

どんぶり、それは日本の心。
丼に込められた思いは食べたものの心を揺さぶる―――。


というわけで、どんぶりもののご飯ってたまに食べたくなりますよね。
身近に吉野家やすき家といった牛丼チェーンも巷に溢れているので手軽に食べられたりしますし(笑)
今回紹介する漫画は、そんな丼を中心に据えたどんぶりコメディーグルメ漫画の『どんぶり委員長』です。


タイトル:どんぶり委員長
作者:市川ヒロシ
巻数:全四巻

アクションコミックス
WEBコミックアクションにて連載
※現在は連載終了しています 
 

1.『どんぶり委員長』ってどんな漫画?面白いの?

委員長と呼ばれる真面目女子がクラスの男子である吉田に色々な丼(どんぶり)を作らせてひたすら食べる漫画です(笑)
本当にそれだけです。ストーリーもへったくれもありません!(笑)

ただ、作中に色々なオリジナルティ溢れるどんぶりがたくさん登場するので絶対に食べたくなる!
しかも、レシピを見るとそこまで難しそうではない!むしろ簡単に作れそうなものばかり!!
これは作って食べるしか無い!!!ってなります(笑)
委員長「吉田君、私のために〇〇でどんぶり作ってくれる?」

吉田「なんでそうなる!」

なんだかんだ言いながら吉田は委員長のためにどんぶりを作る。

委員長、どんぶりを食べる。

委員長「おいし~い」

毎回、こんな感じで物語が進んでいきます。
ホント毎回こんな感じなのです。
しかし、マンネリ化しそうでマンネリ化と感じない。

なぜなら、出てくるどんぶりがおいしそうだから!!
是非、色々などんぶりを楽しみながら読んでいきましょう♪

あ、あと委員長も山田君もお互いのことが好き!たぶん(笑)
もっとも進展はほとんどないけどなっ!!

一言で言うとこの漫画は、
“どんぶりのことを何も知らなかった委員長がどんぶりの奥深さにに目覚めていく話”
です!


2.『どんぶり委員長』の登場人物

このマンガに出てくる登場人物は委員長、吉田くん、山笠さんの3名。それだけ!!

委員長


真面目だけどちょっと高飛車な学級委員長。
今まで、どんぶりを食べたことが無く吉田が調理していた丼を食べてどんぶりにハマっていくことに……
毎回、吉田に「アタシのために〇〇を使ってどんぶりを作って!」と吉田に次々とどんぶり飯を作らせるお嬢様。

吉田くん


委員長のために次々とオリジナルのどんぶりを作り出す吉田くん。
彼が居ないと委員長はどんぶりにハマることは無かった。ある意味、委員長をダメにしたのはコイツ。
しかし、彼が作るどんぶりは本当においしそうなのである。

山笠さん


途中から転校してきた女子。
一度は転校して学校を去ったものの再び転校してくるという(笑)
吉田くんのことを好きなようだが、委員長が吉田くんのことを意識しているのも知っており後押ししてくれる優しい子。
いや、たぶんからかっているだけである(笑)

3.『どんぶり委員長』に登場する丼(どんぶり)


ぶっちゃけ登場人物よりどんぶりのほうが多いです。
中にはこんなものまでどんぶりに!って感じのオリジナル感満載なものも多く登場します!
しかし、こうしてみると大概のものはどんぶりにできるんだなぁ。。。



親子丼
コロッケ丼
ナポリタン丼
スペシャル牛丼
ベーコン丼
海鮮丼
野菜スープ丼
もち丼
広島風お好み焼き丼
角煮丼
チキン南蛮丼
カレーパン丼
生ハム丼
洋朝食丼
ナスステーキ丼
マグロ丼
豆腐ピザ丼
ポテチ丼
アボカド丼
餃子丼
うどん丼
トムヤムクン丼
肉みそ納豆丼
紅ショウガ丼
博多ラーメン丼
コンビーフハンバーグ丼
餞別丼
バター丼
くん製親子丼
沖縄料理丼
カボチャチーズ丼
トマトすき焼き丼
ローストビーフ丼
カレー麻婆丼
あさり肉まん丼
目玉焼き丼

4.『どんぶり委員長』の評価、感想、レビュー

グルメ漫画は数あれど「どんぶり」のみに注目したグルメ漫画は初なのではなかろうか?
どんな具材でも飯の上にのっければ丼になる!を地でいく本作。
それなのに委員長の反応もあり、おいしそうに見えてくるから不思議。
筆者はこの漫画を読んだ後に毎回無性にどんぶりもののご飯が食べたくなります♪
そして、「吉田君、私のために〇〇でどんぶり作ってくれる?」はもはや名言(迷言)です(笑)

毎回同じ展開ではあるものの、予想もしていないどんぶりが出てくるので読者を飽きさせないようになっています。
また、絵柄も親しみやすい感じなので老若男女誰にでもおススメできる漫画の一つです!


最後に一言
「委員長、君の名は―――!!」


ホント、最後まで名前明かされなかったなぁ。。。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク