ビジネス実務法務3級に合格しました

ビジネス実務法務3級に合格しました

先日、ビジネス実務法務3級に合格しました!
この資格を取得すると企業で実務で日常的に使う範囲の法律に詳しい、知識があるということが認められます。
実際、ビジネスで遭遇しがちな問題(契約関係や知的財産権、労働関連)からの出題が多いので企業で働く上で知識として持っていて損は無いと思います。
筆者の場合は、会社からの命令で受けることになったんですけどね(笑)

そこで今回は筆者の体験談からビジ法3級の勉強方法のコツや実際の試験の様子などを紹介していきたいと思います。

1.勉強方法、コツ、難易度

ビジネス実務法務3級の難易度ですが、個人的にはかなり簡単な部類だと思います。
全50問中30問が2択、20問が4択で正答率7割(70点以上)で合格になります。
記述問題が無いので、1冊問題集を購入して、9割以上解けるぐらいの実力ならば十分合格圏内だと思われます。

公式テキストなるものがあるのですが、私の場合は購入しませんでした(笑)
結局、テキストって買っても自己満足の部分が大きくて流し読みになってしまうことが多いのであまり好きではないのです。

私は「法務教科書 ビジネス実務法務検定試験(R)3級 テキストいらずの問題集 2021年版」の問題集をAmazonで購入しました。
アマゾンで検索すると下記の画像のような書籍があるかと思うので探してみてください。
今の時期だと2021年度版より2022年度版のほうが良いかと思います。


2021年度版はIBT実施前の内容なので問題が穴埋め式があったりとちょっと異なっているので微妙にオススメできません(笑)

購入する参考書はこの1冊で十分です。
出来ればkindle(キンドル)をお勧めします。
というのも、筆者はこの試験に関して、家では一切勉強せず通勤途中でしか勉強しない=持ち運び便利な電子媒体で勉強したためです。

問題集も穴埋めがあるものの筆記用具を使うことはなく、全問暗記でいけます!
問題内容を全て暗記する勢いで勉強すれば絶対合格します!
とにかく問題を解いて覚える!これがビジ法3級の勉強のコツと言えます!

ちなみに筆者の場合、勉強時間は通勤時のみで20時間程度です。
それで問題集の内容を9割ぐらい習得した状態で試験に臨みました。

もう一度言います、この試験はテキストの購入不要。問題集1冊のみでOkです!

2.試験の様子、体験談

さて、ビジネス実務法務3級ですが2021年度よりIBT方式、つまりインターネット試験に変更されたようです。
IBT方式は自宅からインターネットを使って受験することができる方法です。
わざわざ試験会場に行く必要がないので時間がかからず便利です。
ただし、自分でPCやネット環境を整えないといけなかったり、途中でネット通信やカメラOFFになると不合格になるので注意が必要です・

そのため、筆者はCBT方式を選択しました。
CBT方式は試験会場に赴く必要があるものの、環境は自身で用意することなく全て会場で用意されたパソコンで受験する方法です。
不慮の事態に見舞われるリスクを考えるとこちらのほうが良いと判断してCBTにしました。
CBT方式はIBT移行への一時的な処置らしいので数年後にはなくなるようなので、CBT受験を狙う人は早めに受験しましょう、

CBT試験では実際に会場に行くことになります。
筆者の場合は10時30分開始で予約して10時15分頃に受付に到着したところ、ちょっとした注意事項の説明等を受けて試験会場に案内されました。
試験会場はちょっとした教室程度の広さでした。
席に着き次第、試験を開始できます。
なので、10時30分開始予定でしたが実際には10時25分には開始していました。

試験中は次々と受験者が来場してきます。
筆者が選択した会場がビジ法だけを扱っている会場ではなく簿記などの他の試験も行っていたため代わる代わる人の出入りがありましたね(笑)
人によっては無音ではないため集中して試験に臨めないかもしれません。

ビジ法ではトレイとはいえ途中退席はできません。
退席した時点で試験終了になるのでトイレはあらかじめ済ましておきましょう。
なぜか室内に試験員は居ませんが室内にカメラが設置されているため質問があれば挙手すれば別室から担当がやってきます。

CBIでは90分間の試験時間終了と同時に自動終了になります。
10時30分開始予定でも10時25分から開始すれば11時55分で自動終了です。

試験終了後、合否判定がすぐに画面に映し出されます。
受付に行って、試験レポートをもらって終了です。
試験レポートには点数とどこの単元で間違えたのかがわかります。

3.試験終了後はどうなる?

試験終了後はビジ法サイトのマイアカウントページから合格証カードを550円で申請することができます。
合格証明に使えるので、是非申請しておきましょう。
一応、試験レポートだけでも合格証明になるけどね(笑)

合格証カードは郵送されるまで1か月から1か月半程度かかるようです。
筆者は2月上旬に合格しましたが、まだ届いていないのでやはり1か月以上はかかるようです。
合格証カードは申請期間が決まっているようでこの期間を逃すと発行できなくなるようです。

まとめるとビジネス実務法務3級は、下記の通り。
・問題集1冊だけ購入すれば十分
・20~30時間を目安に通勤時間を使って勉強する
・全て選択式で難易度は低い
・IBTは自宅のネット環境に左右されるのでCBT方式がおススメ
・合否判定はすぐに採点されて試験レポートがもらえる。
・合格証明と記念に合格証カードは申請したほうが良い。

筆者はこの試験を90点で突破しました!
最後に筆者の試験レポート画像を貼って今回の記事は終了です~♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク