PS4の電源が起動しないときの対処法、トラブルシューティング方法

PS4の電源が起動しないときの対処法、トラブルシューティング方法を紹介

ゲーム好きの筆者は当然のようにPS4(PlayStation4)を持っていますが、最近調子が悪いのかたまに電源が点かないときがあります。
たまにシステムアップデートを実施して再起動するべきところで再起動せずに動作しなくなったりすると青ざめます。
2014年の購入した本体なのでそろそろ限界が近づいているというのもあるかもしれません(笑)

とはいえPS4は3万円ぐらいする高い買い物でありPS4Proに関しては4万円超えたりするので簡単に買い替えるのも厳しいもの。
なので筆者は何とか修理に出す前にPS4を起動することが出来ないかと実施してきたことを備忘録程度に記しておきます。

PS4が起動しなくなった時の症状

・電源ランプが点灯しない。(白色にも赤色にも青色にもならない)
・コントローラーのPSボタンを押しても反応しない。
・電源ボタンを直接押しても(触れても)反応しない。
・直前までは動作していたがシステムアップデート直後の再起動後から起動しなくなった。
・そもそも本体を出しぱなっしにしていて埃が被っていた(笑)

……電源が点かないからセーフモードでの起動も不可。
さすがにこれは修理 or 買い替えかなと思いました。

PS4が起動しなくなった時に試したこと

実際に筆者が試してこれで起動した!という方法があります。
それは……

放置する!!

です。

トラブルシューティングもへったくれもありませんね(笑)
どうにもならないので、後で考えようと放置して再度電源を入れた結果、起動しました!

下記が実際の手順です。
①電源コードなどすべてのケーブル類をPS4本体から外す。コンセントからも外す。
②本体についていた埃をとる。拭く。掃除する。
③数時間放置する。
④電源コードなどを付けなおす。
⑤電源ON

なんと、これで直りました!
調べてみると本体に熱がたまるとこういう現象が発生するようです。

みなさんもPS4が起動しなくなった時、修理に出す前にこの方法を試してみるといいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク