メルカリはじめました、そんな私の体験談

メルカリはじめました、そんな私の体験談

メルカリ、といえば今となっては知らない人は居ないほど有名なフリマアプリかと思います。
そんなメルカリですが、実は先日まで使ったことがありませんでした。
なんとなく、個人間同士の販売というのはトラブルになりそうで敬遠していましたが、この度、私も部屋の整理を兼ねてメルカリデビューしました!

使ってみた感想は……なかなか良い!
私はどちらかというと出品者側なのですがコレクターアイテム等も扱っているので少しですが儲かっています(笑)
あと、本当に不用品も意外に売れてしまったりします。
昔の雑誌の付録で未開封のストラップも雑誌よりも高い価格で売れたりするので驚いています。

いやー、もっと早めに始めておけば良かった(笑)

ゲームソフトあたりは相場より安く出品している方もいたりするので安く仕入れて高く売る、なんてことも出来そうです。
私は、そういった”せどり”的なことはまだやっていないのですが(笑)
副業も兼ねてメルカリのようなフリマアプリをやってみるのも面白いかもしれません。

今回はメルカリの始め方と出品側の攻略法(コツ)、私の体験談を紹介します。

メルカリ – 日本最大の売れるフリマサービス:https://jp.mercari.com

1.メルカリをはじめるまで

メルカリを始めるまでの流れを簡単に記載します。
①メルカリにユーザ登録する。
②プロフィール情報を書く。
③売りたい商品の写真を撮る&商品情報を作成する。
④出品

これだけ。とれも簡単です!
そして出品したものが売れたら梱包してコンビニから発送すればOKです。
数日後に相手から受け取り評価されるので、自分も相手の評価をすることで売上金が入ってきます。
売上金は振込申請をすることで自分の銀行口座に振り込んでもらうことが可能です。(手数料で200円引かれます)

最初は戸惑うかもしれませんが、一度やってしまえばすべて簡単操作でスマホアプリ内で完結できるのでとても楽チンです。

2.メルカリ攻略法、コツ的なもの

出品側になりますが私が感じた売れやすくなるコツは下記の通り

・適度に商品情報を更新する
商品情報を更新することで、そのカテゴリーのトップに自分の商品が上がります。
要は商品の表示は最新順(降順)なので更新頻度は多いほうが人の目に触れる機会が多くなるわけです。

・価格はAmazonや駿河屋より少し安めにする。
私の場合はゲームソフト中心の出品なのでアマゾンや駿河屋の価格を参考にして出品価格を決めています。
多少安めにすると売れやすくなります。
ちなみにメルカリ内では大幅に値下げして出品している方も存在するので参考にしないほうが良いです。
すぐに処理したい場合を除き相場を崩してまで売る必要はないのです。
それならばゲームショップに売却したほうが高いわけですから(笑)

・送料は匿名配送を利用する。
メルカリには「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」2種類の匿名配送があります。
これを使うと相手に住所を知られることなく、また購入者の個人情報を知ることもなく送付することができる便利なサービスです。
負担は必ず自分自身(出品者負担)にしましょう。
損をするように思いますが、送料分も価格に上乗せすれば良いのです。
購入者への着払いは個人情報を知られてしまうし、代金の支払いが発生するので購入者にメリットがなくなるので購入されにくくなります。

・値下げ交渉に応じない
意外に思われるかもしれませんがフリマの醍醐味である値下げ交渉には応じないほうが無難です。
大抵の購入者は相場より安い価格を提示してきます。
そんなものに応じる必要はありません、あくまで自分自身が提示した価格で購入してもらうほうがお互いトラブルなく済むものです。
それにいちいち交渉に応じるのも時間の無駄なので、出品するときの商品説明に「値下げ交渉不可」と記載しておきましょう。
すぐに売れることは少ないですが、ある程度の期間、商品を並べておけば8割の商品は購入者は現れるものです。

はじめて1か月程度ですが、私が感じたメルカリで売るコツはこんなところです。
まだまだ経験値が足りないので今後また新しい攻略法を生み出すかもしれません(笑)

3.メルカリ出品した時の体験談

始めたばかりなので幸か不幸か、変な購入者に遭遇したことはありません。
トラブルになると思って値引き交渉や専用出品、取り置き対応をしない、と明言しているのも大きいかもしれません。
なるべくトラブルは避けたいですからね(笑)

たまにメルカリ内の商品を購入することもありますが、良い人が多く購入するとすぐに商品を発送してくれるので受け取り評価は「良い」しかつけたことがありません。
皆さん、梱包もぷちぷちやってくれて丁寧な方が多いです。私自身、梱包の手本になるので大変助かったり。

1件だけ「Buyee(バイイー)」という会社に商品を購入されたことがあります。
これ、なんだ?って思いましたがどうやら、海外の購入者との間にはいる仲介業者のようです。
通常と同じ取引でできたので、ちょっと不安でしたが、特に問題もありませんでした。

Buyee:https://buyee.jp/help/common/company

といったように、特に面白い体験談があるわけではないのですが、今のところ順風満帆にメルカリ生活を送ることができています!
少しずつ儲かっているので安く仕入れて高く売る、といった副業にも出来そうなところがまた良いですねー。
Amazon等の通販サイトよりも安く商品を入手できる可能性もあるのでとてもオススメです!
フリマサービスが気になっている方は使ってみると案外はまってしまうかもですね(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク